週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2022年2月26日号
2022年2月21日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201340224

【特集】保険見直しの鉄則


コロナ禍もあって民間保険のメリットや役割が改めて見直されています。消費者はいったい何を判断基準に保険の見直しを進めればいいのでしょうか。一般の関心が高い医療、がん、引受基準緩和型、就業不能、認知症の5大分野の商品についてプロの評価でランキングしました。

保険業界のさまざまな暗部にも肉迫。対面営業が難しい状況下で苦しむ生保レディー、当局から厳しい目が向けられる節税保険、かんぽ生命の現状……関係者必見の最新情報満載です。

担当記者より

特集「保険 見直しの鉄則」を担当した中村正毅です。保険業界の担当ではないのですが、生命保険、損害保険ともに大好きなことを見込まれて、特集を任されました。

保険は大好きですが、生命保険会社の医療保険には一つも入っていません。学生時代の友人と会話していると、保険業界の取材経験があることで「オススメ商品を教えてよ。どこの医療保険に入っているの」と聞かれるのですが、一切加入していないことを伝えるとよくぎょっとされます。

さらに、友人の多くは決まり文句のように「健康に自信があるんだね。でも万一大病を患ったらと心配にならないの」と言ってきます。そのことからもよく分かりますが、会社の健康保険など公的保険制度には、手厚い保障があることを知らない人が多いというのが現状です。

必ず押さえておくべきは、公的保険制度に組み込まれている「高額療養費制度」。年収にもよりますが、仮に病気による入院と手術で100万円の医療費がかかったとしても、10~20万円程度の自己負担で済むという制度です。

生命保険の契約を見直すにあたって、そうした公的保険制度の仕組みを理解しておくことは不可欠です。

公助(公的保険制度)を知り、自助(生命保険)を知れば百戦危うからず。特集記事では、公的保険制度の仕組みから、医療保険をはじめとした生命保険の人気商品ランキング、詳細比較まで盛り込んでいます。是非手に取ってお読みいただければ幸いです。

担当記者:中村 正毅(なかむら まさき)
これまで雑貨メーカー、ネット通販、ネット広告、自動車部品、地銀、第二地銀、協同組織金融機関、メガバンク、政府系金融機関、財務省、総務省、民生電機、生命保険、損害保険、消費者金融などを取材してきた。趣味はマラソンと読書。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
保険見直しの鉄則

Part1 5大商品ランキング
公的保険にプラスオン コロナ下の最強見直し術

<医療/がん/引受基準緩和型保険ランキング> 同質化で価格競争突入
月々わずか数百円の保険料で最大2000万円保証保障 先進医療特約の不都合な真実
<就業不能/認知症保険ランキング> 条件緩和で加入広がる
金融庁が規制強化に本腰 苦情率高い外貨建て保険
急成長する少額短期保険 乱戦!ミニ保険市場

Part2 生保の金脈と人脈
コロナが招く構造転換 問われる保険営業
大手4社が赤裸々告白 生保レディー覆面座談会
氷山の一角にすぎないのか 日生でハラスメント訴訟
発覚から1年経っても解決せず くすぶるサンクスマイル不正

Part3 生保攻防最前線
国税・金融当局が実態注視 「節税保険」復活の兆し
乱立する生保42社 生命保険業界マップ
ソニー生命 巨額不正に透ける経営体質
第一生命 銀行代理業参入で誤算
歴代長官が相次ぎ生保へ 生保業界天下りの舞台裏
官僚の保険業界再就職先一覧(2017~21年)
存在感増し、問われる品質 代理店評価制度の成否
かんぽは正常化したのか 営業目標復活の危うさ

深層リポート
外食 出店の限界
[インタビュー] ワタミ 会長兼社長 渡邉美樹
「居酒屋市場は永遠に戻らない」 

産業リポート
ソニー参戦 EV戦争の熾烈
[インタビュー] ソニーグループ 常務 AIロボティクスビジネス担当 川西 泉
「EVに技術力を結集し、ブランドアイコンにする」

ニュース最前線
ソフトバンクの目算狂わす 「アーム売却頓挫」の暗雲
楽天証券が還元策を改悪 激しさを増す顧客争奪戦
5大商社すべてが最高益 資源急騰の恩恵と不安


連載
|経済を見る眼|踏み込んだ行政対応と調査の専門知|苅谷剛彦
|ニュースの核心|アフターコロナの米国と日本|大崎明子
|発見!成長企業|ミアヘルサホールディングス
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|アイティメディア 社長 大槻利樹
|フォーカス政治|「食い潰し社会」から脱却するには|山口二郎
|中国動態|省レベルの政策に見る今年の課題|伊藤亜聖
|財新 Opinion&News|中国は今こそ外国資本の導入を重視せよ
|グローバル・アイ|デジタル通貨が崩すドル覇権 FRBが発行をためらう理由|ケネス・ロゴフ
|Inside USA|誤解されるミサイル配備戦略 米国の真意は攻撃でなく抑止|ジェームズ・ショフ
|FROM The New York Times|北京五輪でタブー視される 人権めぐる選手の発言機会
|マネー潮流|各国中央銀行は利上げ競争へ|木内登英
|少数異見|濃厚接触者になってみてわかったこと
|ゴルフざんまい|米国女子ツアーにおける英語の壁|小林浩美
|知の技法 出世の作法|フランスの仲介外交とウクライナ情勢を攪乱するトルコ|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|長時間労働の是正でなぜ生産性が上がるのか|上官 若/大湾秀雄
|話題の本|『2022年の連合赤軍 50年後に語られた「それぞれの真実」』著者 深笛義也氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|