週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2022年4月9日号
2022年4月4日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201320424

【特集】東証沈没


東京証券取引所は4月4日、足かけ5年で取り組んできた市場区分変更を実施します。しかし、最上位のプライム市場の上場企業数を絞り込むという目的はかなわず、ガバナンスに問題を抱える企業も放置されたまま。このままでは投資家の日本株離れは加速しそうです。

本特集では、玉石混淆の解消を狙った東証の改革案が頓挫した経緯を徹底検証。さらに、近い将来に上場維持が難しくなりそうな銘柄を探ったランキングなど必見のデータを満載しました。

担当記者より

特集「東証沈没」を担当した梅垣勇人です。東京証券取引所の首脳陣が「夜も眠れないほど」恐れている事態があるといいます。それは4月4日、新市場区分への移行日に取引のためのシステムが停止してしまうこと。東証はこれまでも度々システム障害で取引停止に陥ってきました。直近の2020年10月のシステム障害で終日売買停止に追い込まれた記憶も新しく、プレッシャーは並大抵ではありません。

4月4日以降、東証1部、2部、ジャスダック、マザーズという名称は姿を消し、プライム、スタンダード、グロースという3つの市場に移行します。プライムというとえりすぐりの優良企業が集められているかのように感じますが、上場企業の顔ぶれは「玉石混淆」と批判されてきた東証1部とほとんど変わりません。

かつて、時価総額で世界1位だったこともある日本の株式市場は、アメリカ、中国、欧州に次ぐ4位まで後退しています。市場再編はこうした”地盤沈下”を食い止め、「日本の株式市場、資本市場を投資家にとって魅力のあるものにしよう」という高い理念を掲げてスタートしたはずでした。

しかし、現実には海外の機関投資家からはほとんど関心を持ってもらえず、国内の個人投資家からも見放される、マイナーチェンジにとどまってしまったのです。今回の特集では新しい市場の実像を独自に集計した各種ランキングであぶり出すとともに、東証や親会社の日本取引所グループがかかえるガバナンスの問題にも迫りました。

日本株がいつまでも「割安」で放置される理由の一端がここにあります。投資家、経営者のみならず、株式市場にご関心のあるすべてのみなさまにお読みいただけたらと思います。

担当記者:梅垣 勇人(うめがき はやと)
証券業界を担当。兵庫県生まれ。中学・高校時代をタイと中国で過ごし、2014年に帰国。京都大学経済学部卒業。学生時代には写真部の傍ら学園祭実行委員として暗躍した。休日は書店や家電量販店で新商品をチェックしている。最近ハマっているマンガは『夏目アラタの結婚』。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
東証沈没
[Prologue] 玉石混淆は解消ならず 東証改革 骨抜きの実相
[インタビュー]「“裏口入学”が玉石混淆を招いた」 日本取引所グループ(JPX)CEO 清田 瞭

Part1 増えるゾンビ企業
プライム落ちよりヤバい「ゾンビ・プライム 」 抜け穴だらけの上場基準
[ランキング] 本誌「独自集計」であぶり出し 増殖するプライム落第企業
[ランキング]「適合計画書」提出551社を徹底分析 目標達成の本気度に疑問
ガバナンスの歪みを放置 親子上場続ける困った面々
 日本郵政/イオン/ソフトバンクグループ/GMOインターネット
[ランキング] 基準未達企業は131社 掃きだめのスタンダード

Part2 日本株の凋落は止まるか
[インタビュー] 骨抜きの市場再編に有識者が喝! ここがダメだよ東証改革
「市場再編はスピード不足。株主の権利を軽視するな」 マネックスグループ CEO 松本 大
「上場企業数が多いほど儲かる構造に原因」 アストナリング・アドバイザー 代表 三瓶裕喜
「取締役に株主の利益最大化を誓約させよ」ストラテジックキャピタル 代表 丸木 強
「制度設計の速度を上げ、より柔軟に変えていけ」
氏家経済研究所 代表 氏家純一

[誌上座談会] 個人投資家の嘆き
ガバナンス強化の反面教師 JPXの企業統治は課題山積
上場前から粉飾 「廃止」ためらう東証
日本版金融ビッグバンから迷走続ける 東証 失敗と妥協の20年
[Epilogue] 若者の日本株離れ、PTS台頭... 見放される東証

産業リポート
ファミマ、「首位奪取」の成算
「もう負けは許されない」 ファミリーマート社長 細見研介
 2022年は契約更新のヤマ場を迎える 「加盟店との信頼構築」がトップ奪取に必須

深層リポート
5年ぶりの与野党交代 韓国・尹大統領への期待と不安
[識者に聞く] 不動産高騰と格差をどう解決?
大東文化大学経済学部教授 高安雄一/名古屋外国語大学准教授 福島みのり

ニュース最前線
東芝の分割案に「NO」 見えてこない再建の道筋
神宮外苑1000本を伐採 問われる都市再開発の思想
民放5局でネット同時配信 期待の裏にある2つの課題


連載
|経済を見る眼|小手先「トリガー条項」への対案|佐藤主光
|ニュースの核心|単純ではないインフレとデフレ|大崎明子
|発見! 成長企業|ロードスターキャピタル
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|ツナググループ・ ホールディングス 社長  米田光宏
|フォーカス政治|見えない「新しい資本主義」の着地点|牧原 出
|中国動態|ウクライナ侵攻 中国企業のジレンマ|伊藤亜聖
|財新 Opinion &News|中国の経済政策を決定づける「三化」の原則
|グローバル・アイ|侵略犯罪の特別法廷設置を プーチンの処罰は一刻を争う|ゴードン・ ブラウン
|Inside USA|始まったデジタルドル構想 米国が狙う次世代の通貨覇権|山本康正
|FROM The New York Times|コロナ禍で深刻化する 子どもたちの読解力低下
|マネー潮流|円安は本当に日本人にとってプラスか|佐々木 融
|少数異見|プーチン大統領の振り見て我が振り直せ
|知の技法 出世の作法|ロシアの日本への対抗策に込められた意図に注目|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|裁量をどう与えるか 部下への権限委譲の考え方|石原章史
|話題の本|『北朝鮮外交回顧録』著者 山本栄二氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|ゴルフざんまい|JLPGAツアーの新たな時代の幕開け|小林浩美
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|