週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2022年9月17日・9月24日合併号
2022年9月12日 発売
定価 880円(税込)
JAN:4910201340927

【特集】すごいベンチャー100 2022年最新版


恒例の「すごいベンチャー100」特集です。設立が相次いでいるスタートアップ企業の中から、ユニークなビジネスモデルや資金調達実績などがある100社を編集部が厳選し、全社を総力取材しています。さらに今回は、過去の掲載企業がどうなっているか、延べ500社の現状や最新評価額をリスト化しました。また、ベンチャー市場や業界の最新動向もリポート。金融市場の低迷で、資金調達環境に異変が起こっている状況や、岸田政権のスタートアップ支援政策の中身などについても解説しています。

秋の大感謝祭実施中

<10/31まで>1年プランが今なら46%OFF!秋の大感謝祭実施中

担当記者より

特集「すごいベンチャー100」を担当しました中川雅博です。コロナ禍のカネ余りから一転、世界の中央銀行が相次ぎ利上げに動き、株式相場は大きく下落しました。未上場ベンチャーに対する風当たりも強くなっています。

「ユニコーン」(評価額10億ドル以上で創業10年以内の未上場企業)としてもてはやされた企業の評価額が急落し、人員削減が続出。ベンチャーキャピタル(VC)などの投資家は、利益を出すことを起業家たちに要求しています。

「評価額の下落は少しではない、半額だ」「想定した評価額に届かず、資金調達を諦めて事業を縮小した」。上場を延期したり、思うような資金調達ができなかったりする企業は、ここ日本でも増え、一部ベンチャーの経営陣からは悲痛の声が聞かれました。

特に影響が大きいのは、上場が視野に入った「レイターステージ」のベンチャーです。今年上半期に最大の調達額となった契約書のAI審査ソフトウェアを展開するLegalForce(リーガルフォース)の角田望社長は、「昨年であれば評価額はもっと高くつけられた」と明かしました。

一方で創業期の「アーリー」や成長期の「ミドル」のステージにあるベンチャーは、この環境下でも10億~20億円規模の調達をし続けています。大手VCのグロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一代表パートナーは、「(この領域では)国内VCの層が厚くなったので投資が止まることはない」と話します。

とはいえ、誰も彼もがお金を引っ張ってこれるわけではありません。これまでは採算度外視の投資をしても売上高が伸びてさえいれば評価されましたが、金利が上がれば、お金はそう贅沢には使えません。「コストが売り上げに見合うのか、事業の採算性が問われる。これから勝ち組の選別が厳しくなる」と高宮氏は指摘します。

逆風下でも強い企業はどこか。編集部が厳選した100社の全貌を、ぜひ雑誌でご覧ください。

担当記者:中川 雅博(なかがわ まさひろ)
神奈川県生まれ。東京外国語大学外国語学部英語専攻卒。在学中にアメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学。2012年、東洋経済新報社入社。担当領域はIT・ネット、広告、スタートアップ。グーグルやアマゾン、マイクロソフトなど海外企業も取材。これまでの担当業界は航空、自動車、ロボット、工作機械など。長めの休暇が取れるたびに、友人が住む海外の国を旅するのが趣味。宇多田ヒカルの音楽をこよなく愛する。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
すごいベンチャー100 2022年最新版

[総論] 逆風でも勝てるベンチャーはどこだ

ビズリーチで起業家をスカウト “起業転職”時代が到来
海外で成長遂げる企業も登場 徹底解剖!“上場予備軍”の今
プリファードネットワークス/リーガルフォース/ティアフォー/ヘイ/エニーマインドグループ

「5カ年計画」は成果を生むのか 育成にかける政府の本気度

[インタビュー]
メルカリCEO 山田進太郎 「GAFAMと対等に戦うための政策が必要」
ベンチャー投資家に直撃 世界で勝てるユニコーンは生まれるか
WiL/Pavilion Capital Japan/カーライル・ジャパン

大学発ベンチャー増の原動力 「大学VC」の存在価値
「スタートアップ」を知る基本 ベンチャー超入門

選定! 2022年版 すごいベンチャー100社
■注目業界
Web3
Gaudiy/double jump.tokyo/Synamon/G.U.テクノロジーズ/microverse/ナナメウエ/Oasys
ESG
アスエネ/ゼロボード/booost technologies/シェアリングエネルギー/Tensor Energy/sustainacraft/シェルパ・アンド・カンパニー/WOTA
DX
hacomono/プライシングスタジオ/mov/ログラス/テイラー/atena
スポーツ
Knowhere/ジャングルX/Dreamstock/SPLYZA
[コラム] 就職「家族ブロック」対処法

■技術
□モビリティ
TURING/TeraWatt Technology/Pyrenee/テトラ・アビエーション/SkyDrive/エイトノット
□宇宙
SPACE WALKER/ElevationSpace/アークエッジ・スペース
□ものづくり
アダコテック/RUTILEA/Skillnote/Space Power Technologies/エネコートテクノロジーズ
□コンピューティング
AironWorks/Authlete/FastLabel/LQUOM/Levetty/アルファス
□医療
スマートスキャン/アキュリスファーマ/アイリス/Yuimedi/グレイスグループ/ヘンリー/ヘッジホッグ・メドテック
[コラム] 危ない会社を見極める方法 善しあしを判断する“基準”

■生活
□EC・小売り
バニッシュ・スタンダード/Recustomer/OniGO
□外食
TechMagic/tacoms/favy/Goals/マチルダ
□食品・農業
TYPICA Holdings/KOMPEITO/Morus/AGRIST/笑農和
□くらし
トラーナ/PETOKOTO/LOAD&ROAD
□教育・学習
Study Valley/Manabie
□エンタメ
カバー/Brave group/Radiotalk/Sozi/SceneryScent/Sonoligo/mish

■ソリューション
□人材
YOUTRUST/Meety/パナリット/フクスケ/Schoo/テイラーワークス/miive
□広告・マーケ
リチカ/toridori/WED
□金融
シンプルフォーム/UPSIDER/hokan/Siiibo証券/ナッジ
□法務
Legalscape/Hubble
□建設・不動産
TERASS/クラッソーネ/すむたす
□物流
ascend/Cuebus/プレックス

IPO、着実成長、破綻... 過去掲載ベンチャー500社の現在地

ニュース最前線
日本電産、決まらぬ後継者 露呈した外部招聘の限界
JFEが電炉へ置き換え 「高炉」終わりの始まり
出店再加速の外食チェーン 計画狂わす「2つの障壁」


連載
|経済を見る眼|多様化する「家族の姿」と働き方改革|藤森克彦
|ニュースの核心|米国発不況は不可避、日本はどうする|大崎明子
|発見! 成長企業|M&A総合研究所
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|東京エレクトロン 社長 河合利樹
|フォーカス政治|「古きよき日々」と大物次官の死|軽部謙介
|中国動態|経済対策追加でも強い回復は望み薄|福本智之
|財新 Opinion&News|中国スマホのシャオミが4四半期連続の減益に
|グローバル・アイ|ドル高・円安はさらに15%進んでもおかしくない|ケネス・ロゴフ
|Inside USA|党派対立すら揺るがす気候変動の猛威|安井明彦
|FROM The New York Times|SNSで不都合な情報を操作 カリスマCEOが隠した真実
|マネー潮流|ESGの潮流に逆らう賢人の賭け|高井裕之
|少数異見|カーボンニュートラルの本気度を疑う
|知の技法 出世の作法|エリツィン批判でわかるロシア人の歴史認識の変化|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|消費税と「値札の経済学」行動は値段表示で変わるか|中園善行
|話題の本|『女性兵士という難問』著者 佐藤文香氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|次号予告|

訂正情報

「週刊東洋経済2022年9月17日・9月24日合併号」(9月12日発売)に、以下の間違いがありました。訂正してお詫び致します。
 
65ページ ■すごいベンチャー100社リスト

Oasysの代表者名
【誤】Gabby Dizon、Hajime Nakatani
 ↓
【正】松原亮
82ページ ■すごいベンチャー100 モビリティページ

物流ドローンの名称         
【誤】SkyLyft         
 ↓       
【正】SkyLift
119ページ ■すごいベンチャー100 物流ページ

クラッソーネがマッチングする解体工事会社の数
【誤】1.6万社
 ↓       
【正】1600社
121ページ ■すごいベンチャー100 物流ページ

プレックスの資本金
【誤】資本金(資本準備金含む) 5億円
 ↓
【正】資本金 500万円