マンキュー経済学Ⅱ マクロ編(第4版)

N・グレゴリー・マンキュー 著/足立 英之訳/石川 城太訳/小川 英治訳/地主 敏樹訳/中馬 宏之訳/柳川 隆訳
2019年9月27日 発売
定価 4,400円(税込)
ISBN:9784492315200 / サイズ:A5/上/724

いま世界で一番で読まれている大ベストセラーテキストのマクロ編、最新改訂版(原書第8版)。世界金融危機後、金融規制はどう変わったか?マクロ経済政策運営はどう変わったか?といった、最新の政策運営、政策論争も取り入れた解説で、「生きた経済って面白い!」と必ず実感できる構成に。全7部、18章構成。

商品を購入する

概要

世界で一番売れている教科書のマクロ編の改訂版。世界金融危機後、大きく変わった金融政策への考え方が随所に反映された内容に。

目次

第Ⅰ部 イントロダクション
 第1章 経済学の十大原理
 第2章 経済学者らしく考える
 第3章 相互依存と交易(貿易)からの利益
 第4章 市場における需要 と供給の作用
第Ⅱ部 マクロ経済学のデータ
 第5章 国民所得の測定
 第6章 生計費の測定
第Ⅲ部 長期の実物経済
 第7章 生産と成長
 第8章 貯蓄,投資と金融システム
 第9章 ファイナンスの基本的な分析手法
 第10章 失業
第Ⅳ部 長期における貨幣と価格
 第11章 貨幣システム
 第12章 貨幣量の成長とインフレーション
第Ⅴ部 開放経済のマクロ経済学
 第13章 開放マクロ経済学:基本的概念
 第14章 開放経済のマクロ経済理論
第Ⅵ部 短期の経済変動
 第15章 総需要と総供給
 第16章 総需要に対する金融・財政政策の影響
 第17章 インフレ率と失業率の短期的トレードオフ関係
第Ⅶ部 おわりに
 第18章 マクロ経済政策に関する六つの論争

著者プロフィール

N・グレゴリー・マンキュー   【著】
N・ぐれごりー・まんきゅー 

 
1958年生まれ。1980年プリンストン大学を卒業。1984年マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得後、1987年29歳の若さでハーバード大学教授に就任。2003年より2005年まで大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務める。経済学の一流誌に掲載された論文は数多く、またマクロ経済学の定番テキストである『マンキュー マクロ経済学』の著者でもある。

足立 英之  【訳】
あだち ひでゆき

1940年広島県生まれ.1963年神戸大学経済学部卒業.1970年ロチェスター大学Ph.D. 尾道市立大学名誉教授.

石川 城太  【訳】
いしかわ じょうた

1960年千葉県生まれ.1983年一橋大学経済学部卒業.1990年ウェスタン ・オンタリオ大学Ph.D.

小川 英治  【訳】
おがわ えいじ

1957年北海道生まれ.1986年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得.一橋大学博士(商学).


地主 敏樹  【訳】
ぢぬし としき

1959年兵庫県生まれ.1981年神戸大学経済学部卒業.1989年ハーバード大学Ph.D. 神戸大学名誉教授.


中馬 宏之  【訳】
ちゅうま ひろゆき

1951年生まれ.1975年一橋大学経済学部卒業.1984年ニューヨーク州立大学Ph.D. 一橋大学名誉教授.

柳川 隆  【訳】
やながわ たかし

1959年大阪府生まれ.1984年香川大学経済学部卒業.1993年ノースカロライナ大学Ph.D.