週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2021年1月30日号
2021年1月25日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201350117

【特集】1億人の「職業地図」──消える仕事、残る仕事


新型コロナからAI(人工知能)、脱炭素まで、われわれの仕事をめぐる環境は激変中です。これまでのビジネスモデルが通じなくなる時代に、あらゆる職業がその必要性を問われています。

今回の特集では2030年に消える仕事18種、残る仕事18種を選び出し、その現在と未来を徹底分析して将来性を5段階で評価しました。職業選択をゼロベースで考え、100年人生を生き抜くためのデータベースです。

担当記者より

特集「1億人の『職業地図』」を担当した大野和幸です。仕事について、来る2030年にどのような姿になっているか、真正面から取り上げました。新型コロナウイルスをはじめ、AI(人工知能)やロボット、また昨年末に政府が発表した脱炭素など、人々の雇用を大きく変える構造変化が発生。2020年にはコロナ禍で上場企業による希望退職が90社を数えました。

特に厳しいのが小売り・サービス業。時短が要請された飲食店もそうですが、在宅勤務の浸透でアパレル関係も苦戦しています。百貨店向けが主力のワールドや三陽商会、紳士服専門チェーンの青山商事は、それぞれ200~400人規模の希望退職を募集。ある紳士服店の従業員はグループ企業のネットカフェへと異動となり、畑違いの仕事にとまどっていました。ただ、不振の原因はコロナ禍による自粛もそうですが、実はビジネスパーソンのスーツ離れに対応してこなかったなど、本質的な問題を放置してきたともいえます。

一方では意外ともいえる新たな仕事で稼いでいる人もいます。たとえばダンスインストラクター。12年度から中学校の体育の必修科目となった結果、踊れない体育教師の代わりに学校へと派遣され、今や普通に生徒に教えているのが日常です。ダンススタジオで人気のある講師の中には、10代後半で月収50万円近い人もいました。おそらく、かつてなら幼少時に野球やテニスに向かっていたスポーツエリートたちが、何かがきっかけでダンスの世界へ行ってしまったのでしょう。ブレイクダンスは24年の仏パリ五輪でも採用が決まりました。

まさに今は先が全く見えない世の中。そんな不透明な時代に、職業ごとの明暗を取り上げた今回の特集について、ぜひ手に取って読んで頂けたら幸いです。

担当記者:大野和幸(おおの かずゆき)
東洋経済記者。東洋経済新報社入社後、精密、コンピュータ、通信、銀行、自動車、エネルギーなどの業界を担当。『週刊東洋経済』や『東洋経済オンライン』の記事を執筆・編集。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

おトクな定期購読
【46%オフ】新春特別お年玉キャンペーン実施中!もれなく電子書籍閲覧権プレゼント

商品を購入する

目次

特集
1億人の「職業地図」
パンデミック、AI、脱炭素… 激変する雇用環境 2030年に消える仕事・残る仕事
「エンタメで働く意義を問い直し さらに価値あるものを創造した」 LDH チーフ・クリエイティブ・オフィサー  EXILE HIRO

Part1
コロナ後も構造変化についていけるか
「消える仕事」 18業種の現在と未来

01 銀行員 マイナス金利、再編圧力、AIで支店は激減
02 タクシー運転手 配車アプリが浸透し、将来は自動運転も
03 パイロット コロナで需要蒸発、オートパイロットも脅威
04 アパレル店員 在宅ならファッションは不要、店舗閉鎖続く
05 飲食店オーナー コロナ後も悪条件変わらず、閉店が加速
06 コンビニオーナー 24時間見直しでビジネスモデルに転機
07 大学教授 「大学全入時代」から淘汰へ、ポスドクも深刻
08 弁護士 「過払金バブル」はじけ、供給過剰にAIも
09 自動車セールス ガソリン車は消滅? サブスクも両刃の剣
10 保険外交員 義理人情は過去、ネットやショップが台頭
11 新聞記者 ネット普及で部数激減、毎日が4位転落か
12 広告営業 ネット広告の新技術に乗り遅れたら致命傷に
13 ディーラー・トレーダー 高頻度取引に押され、市場での役割は低下
14 受付 無人受付システムで効率化・非接触の流れ
15 機械オペレーター NC+ロボットが普及、一層の省人化進む
16 警備員 防犯カメラ等、機械警備へのシフトは止まらず
17 通訳 音声認識は人間に追いつくか、技術との闘い
18 添乗員  個人旅行シフトで低迷、イベントリスクも不安
武田薬品が大規模リストラ 花形職「MR」に見る悲哀
「ライブ配信が飛躍 今後は短尺動画で演者を応援する」 SHOWROOM社長 前田裕二

Part2
必要なのは高度なスキルか創造力か
「残る仕事」 18業種の現在と未来

01 データサイエンティスト ビッグデータこそ経営の中核、人材奪い合う
02 精神科医・心療内科医 ストレスで患者増、膨らみ続ける需要
03 警察官 途切れぬ社会不安、サイバー犯罪対応も
04 介護福祉士 増える要介護者、ハードゆえに期待も大
05 美容師 ネイルやエステで単価増、メンズに浸透
06 YouTuber 成功すれば年収十億超、動画以外の稼ぎも  
07 お笑い芸人 MC等活躍の場が拡大、新陳代謝激しく
08 フードデリバリー ウーバー軸に再編、ギグワーカーが増殖
09 ダンスインストラクター 五輪採用で脚光、部活・サークルでも花形に
10 eスポーツ(プロゲーマー) 20代ピークの短期勝負、大会賞金は高額化 
11 ペットショップ店員 子どもより多いペット数、猫ブームも後押し
12 オンラインサロン 西野亮廣「独走」状態で、ほとんどは副業
13 1級建築士 老朽化に伴う需要大、デザインで差別化も可能
14 リフォーム業者 新築より中古志向、バリアフリーも追い風に
15 パティシエ スイーツ人気根強いが、勤め先は安定志向
16 棋士(将棋) 藤井効果で裾野拡大、ただAIは不気味な存在
17 経営コンサルタント 「コンサルバブル」はいつまでか、DX需要が追い風
18 スタートアップ起業家 将来は小学生起業家も続々? 脱炭素に脚光
電通が始めた“独立支援” 退職しても10年は固定報酬
「複数の仕事をできるほうが可能性は広がる」 サイボウズ社長 青野慶久

Part3
自分の年収と待遇は見合うか
会社員が知りたい9職種の「市場価値」

01 営業 飛び込みは古い、データとリモートで説得
02 財務・経理 資金を戦略的に管理、時に経営判断も左右
03 法務 コンプラ重視社会、ハラスメントには過敏
04 広報 炎上対策に奔走、問われるのは危機管理能力
05 人事 採用は年中行事で繁忙、残業もつねにチェック
06 生産 増減産で機敏に反応、環境への配慮も
07 情報システム 便利屋になりがち、高度化・複雑化に備える
08 秘書 日程管理で役員補助、いつまで調整力は必要か
09 一般事務 守備範囲は広いが、職場のDX化で厳しく
「フリーだから挑戦、仕事にNGなし 働いた分だけ入る」 フリーアナウンサー 鷲見玲奈
就活人気企業の10年前・5年前・今
職業別に見た自殺者の傾向
データで見る職業地図 
129職種別 年収ランキング 
70業界別 年収ランキング


ニュース最前線
岡藤CEOの存在感示した 伊藤忠「2つのトップ人事」
NHKが総務省に「回答」 それでも続く値下げ圧力
寒波とLNG不足が直撃 長期化する電力の逼迫


連載  
|経済を見る眼|生活保護に至る前の支援の意義|藤森克彦
|ニュースの核心|北朝鮮党大会で露呈した超えがたい経済苦|福田恵介
|トップに直撃|安川電機社長 小笠原 浩
|フォーカス政治|再燃し始めた通商交渉への「不安」|軽部謙介
|グローバル・アイ|コロナ禍前から続く構造問題 バイデン政権に希望はあるか|ダロン・アセモグル
|INSIDE USA|MARsに見る人民の怒り トランプ現象は終わらない|会田弘継
|中国動態|軍備拡張の新たな概念「発展利益」|小原凡司
|財新|中国「高級ブランド品」市場が5割成長アリババが果物の流通をデジタル化
|マネー潮流|電力危機から得られた教訓|高井裕之
|少数異見|パンデミックより怖いもの
|知の技法 出世の作法|「金正恩主義」の確立へ 動いた朝鮮労働党大会|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|なぜ地方出身者は 東京に「染まる」のか|佐藤泰裕
|リーダーのためのDX超入門| 米展示会「CES」でわかる世界のDX強者|山本康正
|人が集まる街 逃げる街|東京都墨田区 錦糸町駅近辺|牧野知弘
|クラシック音楽最新事情(最終回)|レッツ・エンジョイ! 音楽はビジネスにも効く|田中 泰
|話題の本|『「探求」する学びをつくる』 著者 藤原さと氏に聞く ほか
|経済クロスワード|働き方と職業
|「英語雑談力」入門(最終回)|a glimmer of hope|柴田真一 
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|